マイページ
代金のお支払いと配送方法 特定商取引法に基づく表記 会社概要

宇治製茶

ちょっとお茶話し

緑茶の主な生産地


日 本 茶 生葉を積む ⇒ 蒸す(発酵を止める)
揉む ⇒ 乾燥 ⇒ 製品

ウーロン茶 生葉を積む ⇒ 萎凋発酵(半分発酵させる)
揉む ⇒ 乾燥 ⇒ 製品


産地別の特徴


狭山茶(埼玉県) 火入れの強いお茶が多く、濃厚な味と強い香りを持つ。
静岡茶(静岡県) 全国の生産量の5割を占める。
本山茶、川根茶、掛川茶、天竜茶など有名
西尾茶(愛知県) 抹茶の生産量の7割を占める。 茶道の発展に貢献。
伊勢茶(三重県) 生産量第3位。宇治へも流通することが多い。
宇治茶(京都府) 生産量が減少する一方、抹茶、高級煎茶、玉露に力を入れる。
白川茶(岐阜県) 耕地で栽培される為、品質が良く香り高い。
村上茶(新潟県) お茶産業の北限といわれ、寒さに強いお茶がつくられる。
土佐茶(高知県) 煎茶が中心。香り味とも強い。
八女茶(福岡県) 味が濃厚で甘味が強い。苦味や渋味が少ないのが特徴
うれし野茶(佐賀県) 釜入り茶、王緑茶の産地として有名。
肥後茶(熊本県) 釜炒り茶、玉緑茶の産地として有名。
日向茶(宮崎県) すっきりした味の煎茶を生産する。
鹿児島茶(鹿児島県) 生産量は静岡に次ぐ。 品種「ゆたかみどり」が有名。

↑ PAGE TOP